「武蔵小杉」駅前

「武蔵小杉」駅前

進化し続ける街、武蔵小杉。その新領域へ。

大規模な再開発が進み、今や首都圏屈指の超高層タウンとなった「武蔵小杉」。グルメにショッピング、その利便性はもはや言うまでもありません。この超高層街区を背景にする駅南エリアに『ドレッセタワー武蔵小杉』は誕生します。駅徒歩3分の利便性を存分に享受しながら、この街の新たな魅力を切り拓いていく。これからの「武蔵小杉」の進化を象徴する、新領域です。

  • 武蔵小杉駅東口駅前広場(徒歩5分・約370m) 武蔵小杉駅東口駅前広場(徒歩5分・約370m)
    • 武蔵小杉東急スクエア(徒歩4分・約300m) 武蔵小杉東急スクエア
      (徒歩4分・約300m)
    • グランツリー武蔵小杉(徒歩3分・約190m) グランツリー武蔵小杉
      (徒歩3分・約190m)
    • ららテラス武蔵小杉(徒歩4分・約310m) ららテラス武蔵小杉
      (徒歩4分・約310m)
    • 64Cafe+Ranai(徒歩3分・約240m) 64Cafe+Ranai
      (徒歩3分・約240m)
    • レストランミュー(徒歩4分・約290m) レストランミュー
      (徒歩4分・約290m)
    • KINOKUNIYA entree(徒歩6分・約450m) KINOKUNIYA entree
      (徒歩6分・約450m)
DIRECT ACCESS DIRECT ACCESS
DIRECT ACCESS

3駅14路線が利用可能、圧巻のマルチアクセス。

この街には3つの「武蔵小杉」駅があります。東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅へ徒歩3分、JR南武線「武蔵小杉」駅へ徒歩6分、JR湘南新宿ライン・横須賀線・相鉄線直通「武蔵小杉」駅へ徒歩8分。もちろん、『ドレッセタワー武蔵小杉』なら、すべて徒歩圏。合わせて14路線が利用可能です。都心はもちろん横浜方面も、多くの主要駅に直通で。さらに2022年度には東急新横浜線が開業を予定※1しており、「新横浜」へのアクセスがますます便利に。「武蔵小杉」ならではのマルチアクセスが満喫できます。

東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅へ徒歩3分、JR南武線「武蔵小杉」駅へ徒歩6分
JR湘南新宿ライン・横須賀線・相鉄線直通「武蔵小杉」駅へ徒歩8分

  • 「自由が丘」駅へ4分 「渋谷」駅へ13分
  • 「川崎」駅へ9分 「東京」駅へ17分
  • 「横浜」駅へ10分 「新宿」駅へ19分
  • 「品川」駅へ10分 「大手町」駅へ31分

※1.2022年度下期開業予定。ただし、工事の状況等により予告なく開業時期が変更となる場合があります。駅名は、整備主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と営業主体の東急電鉄株式会社および相模鉄道株式会社が都市鉄道等利便増進法に基づき神奈川県および横浜市に協議を行い、同意を得たうえで国の認定を受けて正式に決定する予定です。
※掲載の提供写真以外の環境写真は2021年8月に撮影したものです。
※徒歩分数は1分=80mで算出しています。距離はすべて現地からの概算です。
※掲載の提供写真以外の環境写真は2021年8月・9月に撮影したものです。徒歩分数は1分=80mで算出しています。距離はすべて現地からの概算です。
※所要時間に乗り換え・待ち時間等は含まれておりません。
※時間帯により所要時間が異なりますので、予めご了承ください。
※日中平常時は平日11時~16時の目的駅に到着する最短所要時間を表記しています。
※2021年9月時点のものです。

pagetop