現地21階相当眺望写真(2021年6月撮影)

現地21階相当眺望写真(2021年6月撮影)

見たことのない空へ。

南の最前席だから享受できる、大きな空。
想像を超えた開放感を、武蔵小杉新領域に。

南には晴れやかな空、北には都市のきらめき。
南の最前席だからこそ出会えた、美しい風景があります。
「武蔵小杉」駅から徒歩3分、『ドレッセタワー武蔵小杉』が誕生するのは、
武蔵小杉の中でも既存の高い建物が少ない南エリア。
駅徒歩3分でありながら、ひときわ開放感を享受できるロケーションです。
また、本計画地は、長年地元の皆さんが集い、愛されてきた場所でもあります。
過去へのリスペクトと次世代の進化を融合させ、ひとつ先の上質を提案する。
それが、私たちが目指したタワーレジデンスです。

見たことのない空へ。

「武蔵小杉」駅 徒歩3分、
南の最前席

新しい時代を先駆けるタワーレジデンスの舞台として、
これほどふさわしい場所があるでしょうか。
まるでたくさんの超高層の先頭に立ち、新たな時代を切り拓いていくかのように見えるこの場所は、
東急東横線「武蔵小杉」駅から徒歩3分。
ひときわ伸びやかな大空が目の前に広がる、南の最前席です。

現地周辺イメージイラスト
現地周辺イメージイラスト

駅徒歩3分×免震構造。過去10年、なかったタワーをつくりました。

駅徒歩3分×免震構造

過去10年間、神奈川県内の東急東横沿線・駅徒歩3分以内での免震構造採用物件は、『ドレッセタワー武蔵小杉』のみ。
駅への近さと安全性を兼ね備えた、待望のタワーレジデンスです。

対象期間:発売が2011年1月~2021年7月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータの範囲内
データ資料:MRC・2021年8月号 作成2021.09.01(有)エム・アール・シー

現地周辺航空写真(2020年2月撮影)

現地周辺航空写真(2020年2月撮影)

外観完成予想CG

外観完成予想CG

ひとつ先を
住まう。

次世代の美学と心地よさを、
このタワーレジデンスに込めました。

「新しい日常」が求められる、今。 

多くの日常を過ごす住まいには、より新しい発想や美学が必要になる。 私たちはそう考えました。 

舞台は、武蔵小杉。 進化し続けるこの街に、ひとつ先を住まう歓びを。 次世代の美学と心地よさを、このタワーレジデンスに込めました。

 『ドレッセタワー武蔵小杉』、発表。 

※掲載の写真は、現地21階相当の昼と夕の眺望写真をCG加工・合成しており実際とは異なります。眺望・景観等は各階・各居室により異なります。
※掲載のイメージイラストは、図面を基に描き起したもので変更となる場合があります。
※掲載の完成予想図CGは、計画段階の図面を基に描き起したものであり、形状・色味等は実際とは異なります。尚、外観形状の細部(外装材の目地等)、照明、排水設備、室外機、雨樋、換気口等の設備機器、敷地周辺の周辺建物等は表現を省略または簡略化しております。敷地内および建物に店舗のサイン・看板等が設置される予定ですが、設置場所や形状等が未定のため表現をしておりません。また、植栽については、特定の季節、時期、またはご入居時期を想定して描かれたものではありません。葉や花の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、実際とは異なります。予めご了承ください。
※敷地外(現地周辺)は、図面および地図・航空写真を参考に作成したもので実際とは異なります。
※現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。
※周辺環境は将来に渡って保証されるものではございません。予めご了承ください。
※方位記号は若干誤差がございます。
※徒歩分数は1分=80mで算出しています。距離はすべて現地からの概算です。
※「武蔵小杉」駅を中心とした半径300m圏内かつ小杉町エリア内のタワーマンションにおいて、最南端に位置するタワーマンションであることから、本物件を「南の最前席」と表現しています。
※免震構造採用物件の中でもエクラスタワー武蔵小杉は、中間免震構造の為、除いております。

pagetop